ニキビケアきちんとしています!

私は一時期、赤ニキビ?に悩まされていました。点々と頬にニキビができて、その後も残り頬が赤くなっていました。
何が原因か分からなかったのですが、ある化粧品をつけ始めたらブツブツは無くなり良くなってきました。しかしその化粧品は結構なお値段がはるもので、他のものに変えようと思うようになりました。その時に出会ったのが「酵母菌」でした。何にもでも効く万能薬だとは聞いていました。母親の知り合いが、それを化粧品として使うようになってからとても肌が綺麗になったそうです。
だから私も試してみる事にしました。今使い始めて半年くらい経つでしょうか。肌の調子はすこぶる良いです。化粧ノリも前よりも良くなったし、ブツブツも無く、ニキビあとも薄くなったような気がします。それに主人も肌が綺麗になったねと褒めてくれるくらいです。
特別な事はせず、洗顔後、酵母菌を手のひらに取り顔全体につける。そして普通に化粧水をつけるだけです。一応洗顔石けんもニキビケアのものに変えました。それも良かったのかもしれません。とにかくニキビの敵、アクネ菌をどうにかしなくてはと思い必死でした。今は調子良くなってきているので、あと半年後にはどうなっているのか楽しみです。

 

ニキビ肌に悩んでうん数年

わたしは思春期からうん数年ずっとニキビ肌に悩んでいました。洗顔もしているし、顔に髪の毛がつくからじゃないの?など、悩んで悩んでノイローゼ気味になっていました。

 

ニキビ肌がいやだから学校にいくとき、外に出るときは髪の毛でなるべく顔を出さないようにしていました。周りの大人たちは年を取ったらニキビなんか出なくなるから~なんて言ってましたが、やはり悩むのはわたし自身です。もう何回も聞いてきて皮膚科にも通っていました。

 

そこで皮膚科の先生に、洗顔は軽くでいいしゴシゴシ洗わない。そして皮膚は乾燥したら乾燥したところに菌がついたら炎症起こすのよと教えていただき、それからは洗顔はきちんと泡立てる。顔を洗ったらすぐに化粧水をこれでもかというくらい(本当にベトベトになるくらい)につけます。そして蒸発してしまわないように乳液を薄く塗ってバリアをします。

 

本当に保湿って大事なのを痛感しました。それまではゴツゴツした見た目とボコボコした手触りだったのが、この方法を1週間続けただけでニキビが小さくなり、1ヶ月もすればニキビはどこにいったのかと思うほどなくなりました。今では、この方法を続けてニキビ肌を維持しています。もうこれでニキビ肌とはさよならできました。

 

おすすめ記事:にきび予防で大切なことって?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です